麻雀においての場とは、まさに勝負の場ということになり、麻雀のゲームを行う時には東場、南場、西場、北場のいずれかにおいて行われます。

麻雀のゲームは通常半荘と言って、東場と南場の半分の場で行われます。

半荘は前半が東場で後半が南場に分けられます。

東場と南場はそれぞれ4つの局から成り立って、ゲームは東の1局からはじまって、東の2局、東の3局、東の4局と続き、今度は南場に入って、南場の1局、南場の2局、南場の3局、南場の4局で終了になります。

このように麻雀は通常8局で戦われることになって、もしここで勝負がつかなかった場合には、今度は追加の場として通常は西場に入り、西場の1局から4局まで対戦することになります。

それでも勝負がつかない場合には北場に入るなど、あとはそれぞれのルールにしたがって行われるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン