トップページ > 麻雀用語集 > ノンラス打法

ノンラス打法

ノンラス打法とは、麻雀の勝負においてラスを引かないようにする打ち方のことを言います。

麻雀は通常4人で行うゲームで、トップとは1位のことで、以下2位、3位、4位となりますが、4位のことをラスと言います。

麻雀ではラスを多く引くことで収支が下がることになるので、出来るだけラスを引かないようにすることが収支を上げることにつながるのです。

ノンラス打法は平均順位を上げることにもつながり、平均順位とは、打ち手が平均して何着になるのかということを表す指標のことで、平均順位の中央値は2.5になり、平均順位が2.4であれば平均以上ということになり、2.35から2.4の間であればその打ち手は麻雀の熟練者ということになるので、平均順位が2.2台であれば、相当強いと判断されるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン