トップページ > 麻雀用語集 > ノミ手(のみて) のみキック

ノミ手(のみて) のみキック

ノミ手とは1役しかない麻雀の役で、最も安い手のことを言います。

のみキックとは、ノミ手で相手の手を蹴ってしまうことを言います。

ノミ手の点数は振り込みで1000点、ツモってもゴミ手と呼ばれる親500点子300点の相手にもほとんどダメージがない手なのですが、ノミ手であがる事には、使い所によって色々なメリットがありますよ。

もちろん手を作っていて、どうしてもノミ手にしか仕上がらないことも良くあることですが、ノミ手は親が連荘を続けている時に流れを止めるためにとにかく早くあがることを目的にした場合や、他の相手が早めに鳴きを仕掛けていて、仕上がりがとても早そうな時などにもよく使われるのです。

さらには自分がトップで最終局を迎えた場合に、トップを守るために局を終わらせるために早くあがる時にも使われる戦法です。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン