トップページ > 麻雀用語集 > 不聴(ノーテン・プーテン)

不聴(ノーテン・プーテン)

不聴とは、聴牌(テンパイ)していない状態のことを言います。

麻雀では最初に各13牌を配り、最初の親だけには14牌が配られます。

この時点でテンパイしていればダブルリーチと言って一打目からリーチをかけることが出来るのです。

親の場合はこの時点であがっていれば天和と言って役満になり、子の場合は配牌の時点でテンパイになっていて、尚且つ第一ツモであがれば地和という子の役満になります。

天和も地和もほとんど見られない役満で、かなり低い確率でしか出現しない役です。

ダブルリーチの場合は稀に見られる役ですが、手を高める為や待ちを良くするために個人的にはリーチをかける必要は無いと思いますが、聴牌の状況には変わりありません。

流局時に不聴の状態だと、点数を支払ったり親が流れたりするので、出来るだけ聴牌の状態で流局するようにしましょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン