トップページ > 麻雀用語集 > 抜きドラ、抜ドラ

抜きドラ、抜ドラ

抜きドラとは主に3人麻雀の時に使われるもので、牌の中で北や1萬や9萬などの牌をドラとして扱うことを言います。

抜きドラと呼ばれるのは、もしドラとして決めた牌がきた場合は、手の中から場に晒して、ドラ表示牌の横の、いわゆる嶺上牌から1枚手に持ってきて補充します。

このように牌を手の中から抜くことから抜きドラと呼ばれているのです。

抜きドラルールは頻繁に行われている訳ではなく、特に4人麻雀ではほとんど行われないので参考まで覚えておくだけでいいと思います。

抜きドラをツモってきた場合は必ず場に晒さなければいけない訳ではなく、手の中に入れて使用してもよく、さらには一度手の中に入れてから後で晒しても大丈夫なのです。

抜きドラのルールは場所によって異なるので、抜きドラルールを使う場合にはきちんと確認してから行うようにしましょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン