トップページ > 麻雀用語集 > 抜き打つ(ぬきうつ)

抜き打つ(ぬきうつ)

麻雀の中での抜き打つという意味は、一つには不要な牌ではない牌を切ることの意味と、

わざわざ相手の当たりの牌を選んで場に切り出すことを指すのです。

わざわざ相手に当たるように打つことは、決して相手とイカサマをしている訳ではなくても行われる行為です。

相手に当たるように抜き打つ時には、例えば自分で現在トップになっている場面で、

抜き打つ相手以外の人が、かなり大きな手を作っている場合に行われることがあります。

それはもし大きい手を作っている人があがってしまえば、

自分のトップの座が危なくなる時に使うもので、

自分ではどうしても手が悪くてあがることが出来ないので、

わざと他のテンパイしている人の安い手に抜き打つのです。

それによって自分のトップが確定して、大きな手のあがりも防ぐことが出来るのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン