トップページ > 麻雀用語集 > 南入(なんにゅう)

南入(なんにゅう)

麻雀をする時には大体、半荘でやる事が多いですよね。

この半荘とは、東場で4局したあとに南場で4局して1区切りとなります。

南場に入ることを、南入といい、場の風が南になるということを意味しており、

南入したという事は、すでに半荘の半分まで来ているという事でもあります。

南入すると、自分の親のチャンスは残り1回しかないと言うことになりますし、

他家との点数の差などを考えた麻雀を打つ必要があり、要は終局に向けての対局となる為、

最後にまくれるかどうかと言う判断やトップを守る為の戦略も必要になります。

南入すると、最低であと4局しかなくなるので、ここで和了などして点数を稼がないとそのまま終わってしまうこともあります。

南入したら、流局しても親が流れないという特徴もあるので、しっかりとした戦略を練りましょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン