鳴く

麻雀の一つの戦法として、鳴くというシステムがあります。

ではこの鳴くというのは、一体どういう定義なのでしょか。

鳴くとは、チー、ポン、カンをして、他家が捨てた牌を河から拾ってくる事を言います。

チーと言うのは、順子を作るために牌を拾うことで、上家が直前に捨てた牌しか鳴くことはできません。

ポンと言うのは、刻子を作るために、他家が今捨てた牌を拾ってくることをいい、ポンの場合は上家だけでなくどの他家から鳴けて、チーとポンが重なったときはポンが有効になります。

カンは、槓子を揃えるために、最後の4枚目を鳴く事を言います。

これらチー、ポン、カンの3つの行為をまとめて、鳴くと言います。

鳴く行為は場の流れを変化させる力を持っていますので、手を進める以外にも色々な効果がありますよ。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン