トップページ > 麻雀用語集 > 鳴き槓(鳴きカン、ナキカン)

鳴き槓(鳴きカン、ナキカン)

麻雀のシステムに様々のものがありますが、そのシステムの中には必ず有利にならないシステムがあります。

鳴き槓と言うものは、まさにそういうシステムの1つだと言えるでしょう。

鳴き槓とは、明槓の事をいい、大明槓の事も指します。

大明槓とは、手配に暗刻を持っていて、最後の一枚が打牌されたれときに槓をする事を言います。

この鳴き槓は良い戦略かどうかは難しいところです。

鳴き槓をすれば、符計算で有利になり、ドラも一つ増えます。

しかし、手変わりが難しくなりますし、暗槓ならばリーチをかけられますが、鳴き槓の場合はリーチをかけられなくなりますので裏ドラの恩恵を授かるチャンスも無くします。

どちらの戦法を取るかはプレイヤー次第ですが、よく考えておかないと後で困ると言うこともあります。

ただし、鳴き槓は現状を打破するのには、良い方法であるとも言えますので意図があって鳴き槓は有効です。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン