トップページ > 麻雀用語集 > 中目(なかめ)

中目(なかめ)

聴牌している時の待ちが複数る場合、その待ちの中で役が高くなる牌と安くなる牌があり、高目と安目と言われています。

この高目でも安目でも無い中間の牌で、和了する事を中目と言い中目は良いとも悪いともいえない微妙なところかもしれませんね。

高目の方が良かったと思うか、安目じゃなくて良かったと思うかはあなた次第ですけどが、

麻雀をやっていれば、こういうことは頻繁にありますし、和了できないよりは、中目でも和了したほうが良いですからね。

それに待ちが多面待ちになっている事を考えたら良い麻雀を打てていると思います。

あまり欲をかいて、高目が出るまで待っても最後まで出てこないということもよくあります。

中目だからとって落胆することなく、和了を優先してしっかりと点数を加算してください。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン