トップページ > 麻雀用語集 > 中抜き(なかぬき)

中抜き(なかぬき)

中抜きとは、ベタオリ時の際に、順子における真ん中の牌を捨てることをいいます。

例えば、1、2、3の数字牌を持っていたとして、2の牌を捨てることをいいます。

ベタオリとは、他のプレイヤーがテンパイの状態の時に、捨て牌などから予想して、

確実に安全な牌又はそうであろう牌のみを切り続けて、自らの振り込みを回避することのことをいいます。

テンパイとは、あと一枚で必要な牌が場に捨てられた、あるいは自ら引いた場合に来ればアガリとなる状態のことを言います。

この中抜きの意味は、狭く解釈した場合を指します。

広く解釈した場合には、他のプレイヤーがテンパイの状態の際、成立している順子の内どれかの牌を場に捨てることをいいます。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン