トップページ > 麻雀用語集 > 東北戦(トンペーせん)

東北戦(トンペーせん)

麻雀では始める前に親を決定します。

最初にサイコロを振ったりジャンケン・牌などを利用して行われます。

決定された親は東家(トンチャ)と言い、この親から4人のプレイヤーが参加している場合は、反時計回りに南家(ナンチャ)、西家(シャーチャ)、北家(ペーチャ)といいます。

また、試合開始時の親を起家(チーチャ)といいます。

東場の東1局など、1つの局が終了しますと、通常反時計回りに親の権限が移動します。

東北戦とは、東場4局が終了すると、南場ではなく北場により試合が再開することを言います。

このルールはローカルルールであり、北海道や東北地方で行われていることが多いルールであるそうです。

北場になるために、北が役になることになります。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン