トップページ > 麻雀用語集 > 東西戦(トンシャーせん)

東西戦(トンシャーせん)

半荘では、東場と南場の大きく2つに分けられております。

それぞれの場では、4局に分けられており、通常局が終了しますと親が交代します。

麻雀において、最初に親をサイコロなどにより決定します。

親となった人は東場となり、4人プレイヤーがいる試合では、そこから反時計回りに南、西、北となります。

親の権限も局が終了しますと反時計回りに移動します。

半荘では、東場と南場で終了しますが、さらに1荘では、これに西場と北場を加えることとなります。

東西戦とは、東場が終了すると南場ではなく、西場により試合が開始するルールのことを言います。

東場では、東を3、4枚集めることで1飜の役を成立させることができます。

これと同時に西場においても、西を3,4枚集めることで役となります。

そのため、このルールにおいて自分がいかなる風であるかをいつもよりも注意しておくことが重要となってきます。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン