トップページ > 麻雀用語集 > 東南戦(トンナンせん)

東南戦(トンナンせん)

麻雀においては、半荘を1試合として行われるのが通常で半荘では、大きく東場と南場に区分されています。

更に場は4つに区分されており、例えば東場は、東1局、東2局、東3局、東4局というように別れています。

南場においても、東場と同様に南1局から南4局に区分されておいます。

東南戦とは、東場を行い南場まで行う麻雀のルールをいいます。

例えば、ボクシングでいう、1試合8ラウンド制のルールと同じ感覚かもしれませんね。

東南戦は東風戦と比べて、試合数が多いことから平均的な戦いを行うことができます。

つまり、東風戦においては試合数が少ないため、プレイヤーの好不調が影響したり、少しのミスが大きなミスになりかねません。

しかし、東南戦においては試合数が多いことから、好不調の波を平均化したり、

ミスなどを挽回できるため平均的な戦いができるものとされています。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン