トップページ > 麻雀用語集 > 東風戦(トンぷうせん)

東風戦(トンぷうせん)

麻雀は、多く利用されているのが半荘(ハンチャン)で

1回の試合の単位としても利用されているので耳にした事があるかもしれませんね。

通常の半荘は、大きく2つに区分され東場を前半部分とし、南場を後半部分とされています。

ちなみに1荘戦においては、東場・南場に加えて西場と北場があり、

この東場・南場・西場・北場の内訳においては、それぞれ4つの局からなります。

例えば、東場では、東1局、東2局、東3局、東4局とされており、1局から開始され、4局で終了されます。

また、それぞれの局において親が交代することもあります。

東風戦とは、半荘のうち、1試合を東場とするルールです。

つまり、東場の1局から4局までを行うのみの試合となりますので、1試合の試合時間が短くて済みます。

最近ではネットやアプリの麻雀の普及により広く採用されているルールになってきています。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン