トップページ > 麻雀用語集 > トリプル

トリプル

「トリプル」

麻雀の得点計算はとても複雑ですが、基本的には揃った役やあがり方に対して一定の決められた得点が与えられ、

それぞれの得点を掛け合わせることで出てきます。

得点を掛け合わせるということは、場合によってはとんでもない数字になってしまうこともあり、

上位者と下位者との差が出来過ぎてしまったり、点数計算が大変になるという理由から、

2000点を超えた場合は掛け合わせる計算を避け、役の翻の数によって点数を与えるという計算方法をとります。

その翻の数が11から12の時、三倍満と表現され基本点6000点、子は24000点で親は36000点となります。

この三倍満の俗称が『トリプル』という言葉です。

また、麻雀の役でとても高度な、揃えるのが難しい役を特に役満貫と言いますが、

あがり役にこの役満貫が幾つか存在している時、ダブル役満やトリプル役満と言うことがあります。

特にこのトリプル役満を略して『トリプル』と言うこともあります。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン