取らず

「取らず」

麻雀は【あがる】という行為が何よりの目的です。

そして、どのような形で、どのような役であがるのかが点数に響いてくるので、

プレイヤーは常にそれを意識しながらゲームを進めていっています。

あがる状態のひとつ手前の状態をテンパイと言いますが、

このテンパイの状態の更にひとつ手前の状態を【一向聴(イーシャンテン)】と言います。

つまり、目的の牌がひとつ来さえすればテンパイになる、という状況のことです。

この一向聴の状態にある時、

目的の牌を手に入れたにも関わらずテンパイの状態に持っていかないことを『取らず』と表現します。

【テンパイ取らず】の略ですね。

それには様々な理由が考えられ、

役が安かったり他家にとって有利となる牌を切らなければならない状況だったりなどがあります。

一向聴の更にひとつ手前の状態を【二向聴】と言いますが、

この状況の時に目的の牌を手に入れたにも関わらず一向聴になるのを避けることも『取らず』と表現します。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン