トップページ > 麻雀用語集 > 飛ぶ、トビ ドボン

飛ぶ、トビ ドボン

「飛ぶ、トビ ドボン」

最初に持ち点を与えられ、それが増えたり減ったりするのが麻雀です。

持ち点がゼロ、もしくはマイナスになった時点でゲームそのものが終了してしまう場合もあれば、

そのまま続行し借金地獄に...なんてこともしばしばあります。

その持ち点が無くなってしまった(主にマイナスになってしまった)状態のことを、

点数を表す点棒が箱から消え去るのを由来として【箱(ハコ)】といいますが、この箱は様々な異名を持っています。

麻雀にはありがちな別名や異名ですが、その中でも多くの名前を持っているのがこの箱です。

『トビ』や『ハコテン』という言い方もありますし、『ドボン』と表現することもあります。

『トビ』の動詞系で『飛ぶ』という言葉もあります。

特殊な動詞系では『ハコる』や、もっと大袈裟な表現で『ぶっ飛ぶ』と言ったりすることも。

絶対に言われたくない言葉ですね。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン