トップページ > 麻雀用語集 > トッパン

トッパン

「トッパン」

麻雀を初めてやる人はもちろんのこと、

少々かじった程度の人でも頭が混乱してしまうのがその独特の計算方法、得点の算出方法ですよね。

役を覚えるだけでも一苦労なのに、その後の得点計算で更に四苦八苦してしまうものです。

麻雀は役によって点数が異なる【翻】と、

持っている牌やあがりの状況などによって算出される【符】のふたつの要素を利用して

点数がはじき出される仕組みになっています。

しかし、翻と符で割り出した得点がある一定(2,000点)を越えてしまう場合は、

翻の数によって得点を決定するというルールがあります。

翻の数が多いほど得点は多く獲得できる訳ですが、

その中で、8~10翻の際に基本点が4,000点となる場合を【倍満】と言います。

この倍満の通称が『トッパン』という言葉です。

8翻であがった場合、場ゾロも含めて10翻となり、その音から『トッパン』と呼ばれています。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン