トップページ > 麻雀用語集 > 通し(とおし)

通し(とおし)

「通し(とおし)」

麻雀で使われることがある『通し』という表現。

これには幾つかの使い方が存在するようです。

一般的に使われる意味としては、切った牌に対してロンの声が挙がらず、そのままゲームが流れていくこと。

牌が通る、ということですね。

さらに、イカサマに関して使われることもあるようです。

イカサマにはガン牌を使ったり等、種類は様々ですが、その中の『通し』というイカサマは、仲間同士でサインなどを送り合い、ゲームを有利に進めることを言います。

一緒にプレイしている共謀者と何らかの情報を送り合って役を成立させたりする行為も『通し』ですし、周りで見ている人がプレイヤーに支持をしたりサインを出したりするのも『通し』と呼ばれることがあります。

どちらの意味で使われているのか、また、他の意味で使われているのかはその場の状況によって判断しましょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン