トップページ > 麻雀用語集 > 導火線ルール

導火線ルール

「導火線ルール」

テレビで放送されている番組の冠に【われめ】という言葉が付いたものを見ます。

深夜に放送されている、芸能人同士が麻雀を楽しむというテレビ番組ですが、この【割れ目】は、点数を通常よりも多く貰ったり与えたりするルールのことです。

ゲームが始まった際にプレイヤーがそれぞれ牌を取り、並べますが、その最初に取った牌がある山の位置にいるプレイヤーが点数を倍、受け取ることができます。

もしくは点数を倍、与えなくてはなりません。

この割れ目ルールの別バージョンとも言うべきルールが『導火線ルール』です。

通常の割れ目ルールでは牌を取った位置を基準としますが、導火線ルールでは誰かがあがった際に、ツモ山がある場所にいる人の得点が倍になります。

ゲームの進行状況によって得点が倍になる対象プレイヤーが移動していくという、ギャンブル性の高いルールです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン