トップページ > 麻雀用語集 > 対面(トイメン)・対家(トイチャ)

対面(トイメン)・対家(トイチャ)

「対面(トイメン)・対家(トイチャ)」

麻雀を始める前に、まずプレイヤーが座る席を決めなければなりません。

この席決めには幾つか決め方が存在しているので、その場のルールに従いましょう。

好き勝手に座る場合もあります。

そしてそれぞれが座った席には呼び名があります。

それぞれに東西南北の名前が振られますが、親は東家と呼ばれ、そこから反時計回りに南・西・北家と呼ばれます。

さらに自分から見てどの位置に座っているかによってもそれぞれのプレイヤーに呼び名が付けられているんです。

その中で、自分の正面に座っているプレイヤーを『対面(トイメン)』、または『対家(トイチャ)』と呼びます。

つまり、親の対面は西家ということになりますね。

東・西・南・北家は誰から見ても呼び名は変わりませんが、対面などは【自分から見て】どう呼ぶかなので、基準とする人によって変わってきます.




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン