トップページ > 麻雀用語集 > 対子(トイツ)

対子(トイツ)

「対子(トイツ)」

麻雀の役には同じ種類の牌を揃えたり牌を数字の順番に並べたりと、様々なものがあります。

また、そのさまざまな役を組み合わせることで得点を重ねていくゲームでもあります。

複雑なポーカーのようなゲームですよね、麻雀って。

そんなあがり役の基本的な形が【四面子一雀頭】。

この雀頭が『対子』と呼ばれるもので、すなわち2枚の同じ種類の牌の組み合わせのことを指します。

ポーカーで言うところのワンペアですね。

厳密に言ってしまうと雀頭に限らず、2枚の同じ牌の組み合わせであればそれを対子と呼びます。

手牌の中に対子があり、ツモったりポンしたりしてその対子と同じ牌を手に入れれば刻子の完成ということです。

この対子を7つ揃えることができると【七対子】というあがり役が出来上がります。

あがり役の基本形は【四面子一雀頭】と書きましたが、この【七対子】は四面子一雀頭ではないあがり役の数少ないうちのひとつです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン