トップページ > 麻雀用語集 > 点棒状況(てんぼうじょうきょう)

点棒状況(てんぼうじょうきょう)

「点棒状況(てんぼうじょうきょう)」麻雀は点数を競うゲーム。

その点数を最終的にどれだけ持っているのかが重要なんです。

そこで大事になってくるのが『点棒状況』。

麻雀の点数は保持している点棒によって示されています。

自分も含めて4人全ての点数の状況を『点棒状況』と呼びますが、その点棒状況を把握しながらゲームを進めていかなくてはなりません。

そんな中で、『あがれるけどあがらない』、『とりあえずあがっておく』というような駆け引きが生まれるわけです。

麻雀は攻めと守りが折り混ざった、いわばスポーツ的な要素も含まれています。

野球で言えば、ランナーが得点圏にいる時に、『この点差とこの状況であれば1点もあげられない』と思い、リスクがあるけど固く守るのか、それとも『1点は相手にあげよう。

それよりもアウトカウントを増やそう』と割り切って安全に守るのか、ということ。

野球は9回が終わって最終的に点数を多く持っていた方が勝ちなのと同じで、麻雀も1局1局よりも、トータルでどの順位にいるかが重要なんです。

このことからも、麻雀上級者になる為には、この点棒状況の把握と利用が重要になってくるのがわかりますね。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン