トップページ > 麻雀用語集 > 手なり(てなり)

手なり(てなり)

麻雀は運が大きく関わるので、いろいろ考えても無駄という時もあり、偶然にもツモを進めていくと、手が出来て行く事もありますね。

特に何も考えず、ツモる牌に対応して行くと、手ができてくるということは多々あります。

そういう風に麻雀を打つ事を、手なりといいます。

手なりで打って、何か方向性が無くても、聴牌に至る事はよくあることですよ。

ツモる牌は運によって大きく影響を受けますが、その流れに乗るということで、手なりでも、意外と高い役になることもあるので、悪い打ち方ではないと思います。

私もよく、手なりで打ちますが、色々考えるよりも手が作りやすい場合もよくありますので、深く考えるよりも、ツモった牌に対し適切な一打を打つ事が和了に近いかもしれません。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン