トップページ > 麻雀用語集 > 手変わり(てがわり)

手変わり(てがわり)

麻雀は聴牌後にはあまり、手牌から打牌することはありませんが、場合によっては打牌をする事があります。

例えば、聴牌していても自分の待ちを変える事もあり、ツモった牌を手牌に手を加えて打牌する事を手変わりと言います。

聴牌を崩さずに、手牌から打牌する事も手変わりと言えるでしょう。

手変わりする理由としては、役が変わり高点数を狙えるようにするか、待ちの形を変えて、多面待ちにしたりするなどがあります。

ただし手変わりは、リーチしている状態では、基本ツモ切りなので、できないという事も忘れないでください。

うまく戦うためには、こういう戦術を使うこともあります。

手変わりするかどうかという時には冷静に考えて有利なほうを選択しましょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン