トップページ > 麻雀用語集 > 跳牌刻(チョウパイコー・とびパイコー)

跳牌刻(チョウパイコー・とびパイコー)

跳牌刻とは3種類ある数牌の同じ種類で、1.3.5や2.4.6や3.5.7や4.6.8や5.7.9などの

必ず1つ飛ばしの数字を組み合わせて3刻子を作ることで成立する麻雀の役の1つです。

例えば萬子の場合は1萬が3枚、3萬が3枚、5萬が3枚手の中にあってあがる場合や、

筒子の場合は2筒が3枚、4筒が3枚、6筒が3枚手の中に存在してあがる場合や、

索子の場合は5索が3枚、7索が3枚、9索が3枚手の中に存在してあがる場合のことを言います。

跳牌刻ではその他の組み合わせはどのようなものでもいいのです。

跳牌刻は中国から伝わった古役の1つなのですが、

現在ほとんど多くの場所で採用されていないローカル役で、

ほとんどこの役を知っている人もいないと言われている程に稀な役なのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン