トップページ > 麻雀用語集 > 頂三刻(ちょうさんこう)

頂三刻(ちょうさんこう)

頂三刻とは麻雀の役の1つで、数牌の中の1と5と9の刻子を作ることで成立する役なのです。

すなわち頂三刻とは、萬子の場合は1萬が3枚、5萬が3枚、9萬が3枚手の中に存在してあがる場合と、

筒子の場合は1筒が3枚、5筒が3枚、9筒が3枚手の中に存在してあがる場合と、

索子の場合は1索が3枚、5索が3枚、9索が3枚手の中に存在してあがることを言います。

これらが手の中にあれば他はどのような形でも構わないのです。

頂三刻は中国から使えられた古い役なのですが、今ではほとんどどこでも使われていない非常に稀なローカル役なのです。

そのために、長年麻雀を打っているベテラン雀士でも知らない人が多い役の1つなのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン