トップページ > 麻雀用語集 > チー聴(チーてん)

チー聴(チーてん)

チー聴とは、チーをしてすぐにテンパイになることを言います。

麻雀ではチーと言って自分の左側のプレイヤーである上家の人が捨てた牌をもらうことが出来ます。

チーは自分の手の手牌に搭子がある場合に行なわれるもので、

チーをするとチーをした牌を表に出さなければいけないので門前ではなくなり、1役少なくなります。

チーという行為は自分の手を進めるのには非常に有効な手段で、

特に自分が親番の時にはとにかく早くあがることが最も大事なことなので、チーは多用されることになります。

チー聴を行う状態とは、すなわちあと1つ必要牌がくればテンパイする一向聴の時なので、

相手の状況と場の捨て牌を見て、出来るだけ我慢することも手を高めるためにはとても重要なことでもあるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン