トップページ > 麻雀用語集 > 起家マーク(チーチャマーク)

起家マーク(チーチャマーク)

起家マークとは、ゲームのはじまりの最初の親が誰かを表すための目印です。

起家マークには東と南が裏表に書いてあって、表が東で裏が南ということになります。

マージャンのゲームは通常東場の1局からはじまって、

そこから東場の2局、東場の3局、東場の4局と進み、今度は場が南に変わり、

南場の1局、南場の2局、南場の3局、ゲームのラストの南場の4局と進んでいきますが、

起家マークは最初に東の東家の人、すなわち起家の横に目印として置かれて、

場が南に変わった時には、起家が起家マークを裏返しにして南場に入ったことを知らせる役割をするのです。

起家マークはもし裏返しにするのを忘れても一般的には特に罰則はありませんが、

起家は出来るだけ忘れないように心掛けなければいけないのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン