トップページ > 麻雀用語集 > 起家(チーチャ)

起家(チーチャ)

起家とは東1局の親のことで、タチ親と同じ意味です。

麻雀には3人麻雀などの変則ルールもいろいろありますが、麻雀は原則としては4人で行うゲームです。

1回ずつ行われるゲームのことを1局と呼びますが、それぞれの局において必ず1名が親という役割をすることになります。

親以外の3人は子ということになり、親の正式な名称は荘家と言って、子の名称は散家と言います。

親は東家とも呼ばれて、その他のプレイヤーが親から反時計回りに南家、西家、北家と呼ばれます。

これが一般的に普段使われる呼び方になります。

1回目の最初のゲーム開始時の親のことを起家と呼んで、そこからゲームがスタートされていくのです。

起家は勝ち続ければ親は変わらないままで、他の人が勝つか親がテンパイしなければ南家の人に親が移ることになりゲームは進んでいくのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン