トップページ > 麻雀用語集 > 単騎待ち(たんきまち)・単騎聴

単騎待ち(たんきまち)・単騎聴

単騎待ちとは、テンパイの状態において他の4つの面子はすでに完成していて、雀頭になる対子が1つだけ完成していない状態のことを言います。

それと七対子の待ちの状態の時にも、自然に単騎待ちということになるのです。

単騎待ちにすると符点が2点付くというメリットはありますが、

単騎待ちは麻雀の待ちの中でも最も待ち牌が少ない形の待ちということになり、

最高であと3枚しか待ちのない状況であると言えるのです。

単騎待ちでも地獄単騎と呼ばれるものに関しては、

すでに単位待ちの牌が場に2枚見えてしまっていて、

自分の単騎待ちしている牌が残り1枚しかない場合のことを言います。

地獄単騎だからと言って決してアガり難いという訳ではなく、

逆に相手が安全牌だと思って残り1枚を捨てるのを狙う方法も、麻雀の戦法として存在しているのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン