トップページ > 麻雀用語集 > ダブル役満

ダブル役満

麻雀において最も高い役は役満になります。

役満の得点は符数や飜数を超越した扱いになっていて、そのために細かい計算は必要ないのです。

役満が成立した場合に他の役があったとしても、他の役は全て無視して役満が優先されるのです。

役満の点数は一般的に親が48000点で子が32000点として扱われています。

ダブル役満とは、役満同士が複合した場合に呼ばれる言葉で、中にはトリプル役満になる場合があります。

ルールによっては役満以上を認めない場合や、ダブル役満までしか認められない場合、

役によってしかダブル役満が認められないものもあるので、

知らないところで麻雀を行う時には最初に確認しておいた方がいいのです。

そうでなければ、せっかくダブル役満が成立しても認められない事になり、

ただの役満にしておけば良かったということにもなりかねません。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン