トップページ > 麻雀用語集 > 打牌(だはい)

打牌(だはい)

打牌とは麻雀をする時に行う行為の1つで、自分で所有する牌の1枚を場に捨てることを打牌と言います。

打牌が行われるのは、各局の最初に親が場に牌を捨てるのにはじまり、

それに続いて今度は次の人が山から牌をツモってから捨てることも打牌と呼ばれます。

すなわち打牌は牌を場に捨てることを言い、打牌は牌を捨てるとか切るというのと同じことなのです。

麻雀では山からツモれば、必ず打牌しなければいけなくて、もし打牌が行われない時には自分でツモあがりする時なのです。

麻雀ではツモる以外には打牌で勝負が決まることになり、ツモってあがることをツモと宣言して、

相手の打牌であがる時にはロンと宣言することになるのです。

ツモる以外にもポンやチーやカンの後にも打牌をしなければいけないのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン