トップページ > 麻雀用語集 > タテチン、タテホン

タテチン、タテホン

タテチンとタテホンとは、それぞれ門前で作られた清一色のことと、門前で作られた混一色のことを言います。

それぞれのタテというのが門前を表す言葉になるのです。

清一色とは3種類ある数牌の内の1種類だけを使って手を作る役のことで、清一色は3種類の内のどの牌を利用しても、一般的な役の数え方では門前で6役になり、鳴いても5役も付く高目の手だと言えるのです。

タテチンにすると必ず6役以上は確定するので、跳ね満以上の手は約束されることになるのです。

これに対して混一色とは、清一色に字牌を加えて作られる役で、こちらは門前の3役で鳴けば2役になります。

タテホンの場合3役は確定されますが、字牌に役がなかったり、他に役がない場合たど3役止まりになります。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン