トップページ > 麻雀用語集 > 塔子(ターツ)

塔子(ターツ)

麻雀では数牌で1.2.3や4.5.6などの1組のことを順子と呼びますが、塔子とはその中の1枚がない状態の2組の牌のことを言います。

塔子にはそれぞれ欠けている牌がどれかで3種類に分けられて、それぞれに名前が付いているのです。

両面塔子とはどちらかというと一番好ましい形の塔子です。

1.2.3の場で説明すれば2.3の状態の塔子で、この場合あとは1か4がくれば1順子完成することになり、待ちが両方あるので両面塔子と呼ばれるのです。

辺塔子は、1.2.3の場合で1.2の状態の塔子で、この場合は待ちが3しかないので、両面塔子よりも厳しい状況になります。

この待ちの状態のことをペンチャン待ちと言います。

最後の嵌搭子は、1.2.3の場合の1.3の状態の場合のことで、この場合あとは2がこなければいけない状態で、辺搭子と同様に厳しい状態と言えます。

この待ちの状況をカンチャン待ちと言います。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン