トップページ > 麻雀用語集 > 染め手(そめて)

染め手(そめて)

染め手とは、麻雀の役で混一色や清一色などの手役の総称のことを言います。

なぜこれらの役が染め手と言われるかと言えば、混一色や清一色は3種類ある数牌の中の1つだけを利用して作られる役なので、一種類に染めるという意味で染め手と呼ばれているのです。

染め手の中で混一色とは3種類の数牌の1種類と何かの字牌が混ざって作られるもので、翻的には通常で門前3翻の状態で鳴くと2翻になります。

混一色はこのように鳴いた上に字牌が役に加わらないと安い手になるケースが多く、2翻で終わる手はバカホンと呼ばれることもあります。

これに対して清一色は、字牌を一切使用しないで作り上げる役なので、比較的作るのが難しくその分役が高くなります。

通常は門前で6翻、鳴いても5翻にもなります。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン