トップページ > 麻雀用語集 > 即ヒッカケ(そくヒッカケ)

即ヒッカケ(そくヒッカケ)

即ヒッカケとは、リーチを宣言した時に場に捨てた牌のスジで待つことを言います。

即ヒッカケは、もろヒッカケやそれを縮めてモロヒとも呼ばれます。

麻雀にはスジというものがあって、それは1.4.7と2.5.8と3.6.9の3通りあります。

この中でも1と7、2と8、3と9はスジでも遠くのスジになるので、本当に安全な牌としては見られないのですが、4と5と8の場合は全てのスジ牌が安全牌として見られるようになり、反対に1と7でリーチをかけた場合も4が安全牌、2と8でリーチをかけた場合は5が安全牌、3と9でリーチをかけた場合は6が安全牌と見られます。

即ヒッカケとはリーチをかけて捨てたその時の牌でスジ牌を待つ戦法のことを言って、この場合は単騎待ちやペンチャンやカンチャン待ちになるのが通常です。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン