トップページ > 麻雀用語集 > 尖牌(せんぱい)

尖牌(せんぱい)

尖牌とは3種類の数字の牌の3と7の牌のことを言います。

このように3と7の牌は尖牌と呼ばれ、麻雀においては他の数牌より特別な、麻雀の手を作る時において非常に重要な特別な牌として知られているのです。

麻雀の数牌を比較する時にはどれも同じ役割をしているように思っている人もいると思いますが、麻雀を何回か打ってくると尖牌の重要性が何となくでも分かってくると思います。

尖牌は手作りには欠かせない重要な数牌なのですが、逆に他の人に対しては非常に危険な牌にもなるのです。

それは麻雀の手を作る時には3と7だけがペンチャンと言って1.2の並びと8.9の並びで必要になり、他の数牌よりも危険度が増すことになるのです。

1と9の数牌の場合は、明らかに端の牌なので危険度が少ないことは初心者でも分かると思いますが、その他の2から8の数牌を比べた場合には、カンチャン待ちとリャンメン待ち以外には3と7だけにはペンチャン待ちも加わることになるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン