トップページ > 麻雀用語集 > 千点加符(せんてんかふ)

千点加符(せんてんかふ)

千点加符とは、三人麻雀(三麻)特有のルールで、四人麻雀時の通常の点計算に1000点を加えてやりとりするというルールです。

これが適用されるのはツモアガリの際に、他2人から受け取る点数についてで、それぞれ1000点増しをして受け取ることになります。

これは、3人麻雀で打っている場合のロン・ツモと4人で打っている場合のロン・ツモの点数授受割合に大きな齟齬が出てくることで、ロン・ツモの有利不利が極端に変動することを防ぐための措置だと言えます。

同様の処置に「丸取り」「折半払い」「親3倍被り」「倍取り」などのルールがあり、それぞれに計算のしやすさなどの差があり、どの調整法を採用するかは打ち手で相談して決めることになるでしょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン