トップページ > 麻雀用語集 > 疝気筋(せんきすじ)

疝気筋(せんきすじ)

「筋違いの筋」と呼ばれることもありますが、疝気筋とは麻雀で言う所の「裏スジの裏スジ」で、捨て牌からの読みと危険牌回避の考え方の一つです。

まず、基本的に安牌になる「スジ」、比較的に危険牌になる「裏スジ」が有ります。

疝気筋は対象牌の一つ隣の牌の裏スジであり、メカニズム的に「序盤の捨て牌の疝気筋は危険性が高く、通番以降の捨て牌に対する疝気筋は比較的安全性が高くなる」という性質を持っています。

後半になって、とにかく危険牌を避けて放銃だけは防ぎたい局面で、確実な安全牌がないという状態であれば終盤近い捨て牌の疝気筋を追って捨てていくというのも一応の選択肢となります。

ただ、表スジほどはっきりと安全性が見える訳ではありませんので、他に判断基準がない場合の手として考えておくべきでしょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン