トップページ > 麻雀用語集 > 全欠け(ぜんかけ)

全欠け(ぜんかけ)

全欠けとは雀荘における用語で、ある卓から対局者が4人全員いなくなることを指します。

いわゆるフリー雀荘では、卓を囲む4人の内1人や2人が抜けた場合はお店の「メンバー」が入って行きます。

ただ、当然ですが4人ともお客が抜けた「全欠け」の状態でメンバーだけがゲームをしても全く無意味ですので、大体はその卓自体が解散になります。

ちなみに、一~三欠けでメンバーが入る場合の事を「本走」と言い、その間の勝ち分・負け分は基本的に本人の自腹となります。

勝てればその分お給料になりますが、負けると最悪お店に借金ということも発生します。

これに対してトイレの中座などで一時的にお客さんの代わりに打つことを「代走」と言います。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン