トップページ > 麻雀用語集 > 責任払い(せきにんばらい)

責任払い(せきにんばらい)

「責任払い」とは特定の役満、「大三元」「大四喜」「四槓子」で誰かが和了した際に、それを確定させてしまう捨て牌をした人が支払いの一部を負担するというルールです。

この3つの役満はいずれも「鳴きで作ることができる」という特徴を持っている役満であり、実質、「役の条件になる最後の刻子、槓子の該当牌を捨てた人」が責任払いをすることになります。

責任払いの比率は、ツモアガリの場合全額、ロン和了の場合放銃者と半分ずつを負担して支払います。

なお、上に挙げた三つの中でも、四槓子だけは役確定の牌が自明ではないこともあって責任払いを適用しないルールも有ります。

これは各雀荘などで「責任払いは四槓子を除外します」など表記されていることが多いようです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン