トップページ > 麻雀用語集 > 四連刻(すーれんこう)→ ローカル役のひとつ。

四連刻(すーれんこう)→ ローカル役のひとつ。

三連刻と同じ系統のローカル役で、三連刻を採用すると四連刻も採用されることが多いようです。

役の条件としては同色の数牌で連続した刻子を4つ作ることで成立します。

すなわち例えば萬子で一萬の刻子、二萬の刻子、三萬の刻子、四萬の刻子と作ると成立します。

翻数は役満ですが、場所によって、雀頭まで同じ数牌で揃えて初めて役満になり、刻子のみだと6翻役(対々和が複合するので実質8翻)になる場合も有るようです。

鳴いても役が下がらず作れるので、役満役の中では比較的作りやすいものの一つでしょう。

面前で作るとかなり難易度が上昇しますが、その場合四暗刻との複合でダブル役満も狙えます。

現在の一般ルールでは採用されないことも多い役なので知名度は低めとなっています。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン