トップページ > 麻雀用語集 > 四風子連打(スーフォンツリェンター)・四風連打(すーふーれんだ)

四風子連打(スーフォンツリェンター)・四風連打(すーふーれんだ)

四風子連打(スーフォンツリェンター)、もしくは四風連打(すーふーれんだ)はローカルでの流局ルールの一つで、一巡目で東南西北の4種のいずれかの風牌1種が連続で捨て牌されたら流局にするというものです。

元は、仏教の教えから西が死を連想させるものであったことから、西4枚が連続して打たれたら縁起が悪いので流局というものだったのですが、後に他の東南北でも4連続すれば「四風子連打→死風子連打で縁起が悪いじゃないか」となり、風牌全てについて適用されるようになったそうです。

親の流れに関しては連荘という形にすることが一般的なようです。

ちなみに、最後に捨てた人が流局にできるかどうか(北家になります)を選べるというタイプのローカルルールもあり、事前に確認が必要でしょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン