トップページ > 麻雀用語集 > 数牌(すうぱい、シューパイ、かずはい)

数牌(すうぱい、シューパイ、かずはい)

数牌(すうぱい、シューパイ、かずはい)とは、そのままズバリ、1~9の数で構成される萬子(マンズ・ワンズ)、筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)の3種、計27種の牌のことです。

1~9の内、1と9は「老頭牌」(ラオトウハイ)、2~8は「中張牌」(チョンチャンパイ)と呼ばれ、特に中張牌は役のタンヤオチュウに使われることから「タンヤオ牌」とも呼ばれます。

タンヤオチュウを含めて比較的作りやすく安い役に関わることが多い牌とも言えます。

逆に老頭牌はジュンチャンタ、清老頭などに関わり、比較的作りにくいものの高めの役に関わることが多いと言えます。

また、萬子、筒子、索子それぞれだけで作る役に清一色があり、ローカル役では筒子だけで作る大車輪や小車輪、索子の一部だけで作る緑一色などが存在します。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン