トップページ > 麻雀用語集 > 四開槓(スーカイカン)、四槓散了(スーカンサンラ)、四槓流れ(スーカンながれ)

四開槓(スーカイカン)、四槓散了(スーカンサンラ)、四槓流れ(スーカンながれ)

対手の捨て牌と自前の3枚で作る槓子、自前の4枚で作る槓子いずれにしても鳴きとしてのカンが、その局内で複数人によって4つ作られるとその局は流局となります。

これを「四開槓」(スーカイカン)もしくは「四槓散了」(スーカンサンラ)、「四槓流れ」と呼びます。

(「四槓算了」スーカンサンラとする場合もあります。

)これに対し、自分だけでカンを4つ作ると役満役の「四槓子」の聴牌になります。

単独で4カンなのか、複数人で4カンなのかで結果がまるで変わってきますので、誰かが三カンまでしている状態でわざと局を流すために自分もカンをするなど使い道いくつかある流局の形の一つでしょう。

ローカルルールの中には、誰かが単独で4カンしている状態で更に5カン目を認めて、それで流局とするものもあるようです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン