トップページ > 麻雀用語集 > 少牌(しょうはい・シャオパイ)

少牌(しょうはい・シャオパイ)

麻雀では13枚の牌を持った状態で自摸って和了るか、人の捨て牌でロン和了をするかになります。

ですので、手牌の定常は13枚で一時的に14枚になります。

しかし、人間が手作業で自摸や捨て牌、鳴きを行っていたりすると、稀にツモ忘れや捨て忘れが生じます。

こう言ったミスで手牌が13枚より少なくなってしまっている状態を「少牌」と呼びます。

これに対して、捨て忘れなどで手牌が14枚以上になってしまっている状態を「多牌」としますが、多少どちらでもこの状態になってしまうとペナルティが発生します。

少牌・多牌になってしまったことが判明した場合、その局では和了ることができなくなり、かつ「ポン」「チー」「カン」が出来なくなりますので、集中力をもって麻雀を打ちましょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン