トップページ > 麻雀用語集 > 常時ドラ(じょうじドラ)

常時ドラ(じょうじドラ)

常時ドラとはドラ表示牌に関わらず、常にドラとして扱われる牌のことを指す。 代表的な常時ドラは「赤ドラ」と呼ばれる図柄の掘り込み部分全体を赤色に着色した牌で、赤牌と呼ばれるものがある。 赤ドラは五萬、五筒、五索の各1枚ずつあり、通常の牌を1枚抜き、赤ドラを入れ、各牌を4枚ずつにしてゲームを行う。 ドラ表字牌が四索である場合、次ドラである五索がドラとなるが、このとき五索の赤ドラを持っている場合、扱いはドラ×2となる。 逆に、五索がドラ表字牌である場合、六索はドラ×2とはならず、通常のドラ扱いとなる。 自分が次ドラである赤ドラを持っていた場合、二飜(リーチ+タンヤオだけでも)で満貫となるので、赤ドラを持っているなら是非とも早アガリしてください。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン