トップページ > 麻雀用語集 > 向聴(シャンテン)

向聴(シャンテン)

向聴とは1つにはテンパイまでの近さを数える単位のことを言い、その数をシャンテン数と呼びます。

もう1つには一向聴の略のことを言って、必要な牌があと1牌くればテンパイになる状態のことを言います。

すなわち向聴とはもう少しであがれるようになる直前の状態を言うのです。

向聴とはこのようにテンパイになる前の状態のことか、それ以前の段階を数える時の単位として使われる言葉ですが、テンパイの1つ前の状態は一向聴で、またその1つ前の状態が二向聴で、さらにまたその前の状態のことを三向聴と言って、実戦においては、大体は三向聴から五向聴ほどの配牌をもらって、1つずつ手を作っていくのが麻雀の基本なのです。

最終的にテンパイになった状態が0向聴でありますが、一般的には呼ばれていません。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン